ミックス犬(雑種犬)の性格・特徴・飼い方

犬種名鑑
スポンサーリンク

ミックス犬(雑種犬)は飼いやすい?

純血種とは違った見た目が可愛らしいミックス犬(雑種犬)。個性豊かで同じ犬種を掛け合わせて生まれた子なのに、全然見た目が違うなんてこともあります。

その個性あふれる可愛さに惹かれて、つい衝動的に飼ってしまいたくなる方も多いと思います。しかし、知識が無いのに衝動的に飼ってしまうことはさまざまなリスクを伴います。

この記事では、ミックス犬(雑種犬)を飼いたいと思った方向けに、ミックス犬(雑種犬)の性格や飼い方についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ミックス犬(雑種犬)の人気の種類

・チワックス

ミックス犬(雑種犬)の中で最も人気といわれているのが「チワックス」です。チワワとミニチュアダックスフンドを掛け合わせた犬種で、チワワの大きな瞳とミニチュアダックスフンドの胴長短足な体形を引き継いでいます。

チワックスの子犬の多くがミニチュアダックスフンドのたれ耳を引き継いでいますが、たまにチワワの大きな立ち耳を引き継ぐ子もいて、個体によって容姿が異なるのが特徴です。

犬の交配はお母さんの方が体が大きくないと難産のリスクが高まるため、基本的にはお父さんがチワワでお母さんがミニチュアダックスフンドの場合が多くなっています。

・マルプー

チワックスに次いで人気なのが「マルプー」で、マルチーズとトイプードルを掛け合わせた犬種です。個体によってトイプードルのクルクルな被毛を引き継ぐ子もいれば、マルチーズのストレートに近い被毛を引き継ぐ子もいます。

トイプードルとマルチーズのどちらに似るかによって見た目に違いが出るので、兄弟犬でも似てないなんてことも。毛色はトイプードルのバリエーション豊かなカラーを引き継ぐことが多く、マルチーズのようなホワイトよりは、ブラウンやアプリコット、クリーム系のカラーが多くなっています。

・チワプー

超人気犬種のチワワとトイプードルを掛け合わせた「チワプー」。チワワ寄りの小さめな体型と、トイプードルのクルクルした被毛を引き継ぐ可愛らしい犬種です。

被毛がすぐに伸びてしまうので、定期的なトリミングが必要になりますが、トイプードルに似て抜け毛が少ない子が多いと言われています。まれにチワワに似た被毛を引き継ぐ子もいて、その子はある程度の抜け毛が出てしまうかもしれません。

容姿はトイプードルのたれ耳を引き継ぐ子が多いですが、チワワの立ち耳を引き継いで立ち耳または半立ち耳の子もいるようです。毛色はトイプードルのブラウン系を引き継ぐことが多くなっています。

ミックス犬(雑種犬)の飼い方

・個性を大事にしてあげる

ミックス犬は容姿や性格の個体差が大きく、この掛け合わせは絶対この容姿・性格になるという決まりがありません。穏やかな子が多いと言われているマルプーでも活発で少し攻撃性が高い性格の子はいますし、トイプードルの被毛を引き継ぎやすいチワプーでもチワワの被毛を引き継ぐ子はいます。

子犬の頃の容姿や性格に惹かれて飼ったのに、成犬になるにつれて容姿や性格が変わってきた、なんてこともミックス犬(雑種犬)にはよくあることです。両親どちらの血を強く引き継ぐかによって容姿や性格に違いが出るところがミックス犬(雑種犬)の魅力といえますね。

・散歩は毎日してあげる

ミックス犬(雑種犬)に限らずすべての犬種に共通することですが、毎日の散歩は欠かさず連れて行ってあげてください。小型犬だから室内の遊びだけで十分というわけではありません。散歩を通して運動したり、他の犬や人と触れ合ったり、さまざまな刺激を経験することでストレス発散や社会化につながります。

運動不足によってストレスが溜まると、吠え癖や噛み癖がつきやすくなったり、いたずらなどの問題行動の原因になることもあります。犬種や年齢によっても必要な運動量は異なるので、犬に合わせたペースで散歩してくださいね。

・子犬のうちに社会性を育てる

社会性を育てることはどの犬種でも重要なことですが、特に警戒心が強い子は子犬のときの社会化がとても大切になります。チワックスやチワプーなど警戒心の強い犬種を交配させているミックス犬(雑種犬)は、子犬も警戒心が強くなりやすいのでしっかり社会化させてあげてください。

ワクチン接種が済んで散歩に行けるようになったら、少しずつ他の犬や人と触れ合う時間を増やしていきます。最初は怖がることもあるので、犬の様子を見ながら触れ合わせていくことが社会化のコツです。

個性豊か!ミックス犬(雑種犬)の性格

・かけ合わせた犬種によって性格が異なる

ミックス犬(雑種犬)の性格は個体差が大きく、親犬の犬種や性格によって異なります。

例えば、チワックスは警戒心の強いチワワと吠え癖がつきやすいミニチュアダックスフンドを交配しているので、警戒心や恐怖心から来る吠えをしっかりしつけなければいけません。特に、チワワの警戒心の強さを強く引き継ぐと、知らない人や犬に対してフレンドリーに接することが苦手な子に育つので、散歩中もなかなか他の犬と触れ合えないこともあります。

しかし、飼い主に対しては甘えん坊で可愛らしい一面を見せてくれるので、特別感を感じられることもあるかもしれませんね。可愛いからといって甘やかさないように注意が必要です。

マルプーはマルチーズとトイプードルの賢さや穏やかさを引き継ぐケースが多いです。賢い犬種同士を交配させているので、学習能力が高く、しつけのしやすいところが特徴です。また、マルチーズはテリア系の血を引いているので、マルチーズ寄りの性格の子は気が強い場合もあります。気が強いと吠え癖や噛み癖がつきやすいので、子犬のときのしつけが重要です。

チワプーは、トイプードル寄りの子であれば賢く陽気な性格の子になりやすく、チワワ寄りの子であれば警戒心が強く臆病な子になりやすいです。どちらかというとトイプードル寄りの性格になる子が多いと言われていますが、どちらに似るかは個体差があり、育ててみないとわからない場合がほとんどです。

トイプードルは毛色によって性格が異なる傾向にあると言われているので、マルプーやチワプーなどのトイプードルが混ざった犬種は毛色によって正確さが見られる可能性もあります。

ミックス犬(雑種犬)の値段と寿命

・ミックス犬(雑種犬)の値段

ミックス犬(雑種犬)の値段は、平均20万円です。掛け合わせた犬種や人気度、レア度によって値段が異なりますが、15万~25万円ほどで購入できる場合が多くなっています。

人気の犬種を掛け合わせた子犬や、なかなか出会えないレアな犬種の場合は30万円を超える値段が付けられている可能性もあります。

・ミックス犬(雑種犬)の寿命

ミックス犬(雑種犬)の寿命は、10歳~15歳と言われています。ミックス犬(雑種犬)は寿命が短いという意見もある一方で、純血種と同じかそれ以上に長生きするという意見もあります。これは、ミックス犬(雑種犬)は個体差が大きいので、寿命もバラバラなケースが多いことが理由です。

犬の中でも比較的長生きする小型犬同士を掛け合わせて生まれた犬は長生きする傾向にあり、寿命が短い中・大型犬を掛け合わせると寿命が短くなる傾向があります。しかし、ミックス犬(雑種犬)は基本的に身体が強いので、極端に寿命が短いということはほとんど無いと思っても大丈夫そうです。

ミックス犬(雑種犬)との生活を楽しみましょう

個性あふれるミックス犬(雑種犬)は、純血種には無い魅力がたくさんあります。両親のいいとこどりをして生まれた子犬は可愛らしくて飼いやすい子が多いので、虜になってしまう方も多いはずです。

ミックス犬(雑種犬)は、どんなふうに成長するかわからないからこそ、子犬が成長していく姿を見るのが楽しみになりそうですね。ミックス犬(雑種犬)に惹かれた方は、ぜひ最高のパートナーとなる子を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました