ミニチュアダックスフンドの性格・特徴・飼い方

犬種名鑑
スポンサーリンク

ミニチュアダックスフンドは飼いやすい?

可愛らしい顔と短い脚が特徴的なミニチュアダックスフンドは、日本でもたくさん飼われている人気犬種です。

その可愛らしさに惹かれて、飼いたい!と思う方も多いですが、知識が無いまま衝動的に駆ってしまうと不幸な結果を招くことになるかもしれません。

この記事では、ミニチュアダックスフンドを飼ったことが無い方に向けて、ミニチュアダックスフンドの性格や飼い方についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

毛質によって性格が違う?ミニチュアダックスフンドの性格

・明るく人懐っこい

ミニチュアダックスフンドは、性別や毛色関係なく共通して「明るく人懐っこい性格」です。小型犬の中では比較的警戒心が薄い子が多く、知らない人や犬に対してもフレンドリーに接します。初対面の人にも、遊んで!撫でて!と自ら近寄っていく子もいるのだとか。

散歩中に、いろんな人に構ってもらって嬉しそうにしている愛犬を見ると、こちらまで嬉しくなりますね。もちろん、すべてのミニチュアダックスフンドが人懐っこいことは無く、中には警戒心が強く臆病な子もいるので、その子の性格に合わせて触れ合いさせてあげてくださいね。

・ロングコートはフレンドリーで甘えん坊

ミニチュアダックスフンドには3種類の毛質があり、その毛質によって性格が違う傾向にあると言われています。

1番人気のロングコートは、人や犬が大好きで甘えん坊な性格です。スパニエル系の血が混ざっているので、3種類の毛質の中では最も穏やかと言われています。

飼い主と遊んだりコミュニケーションを取ることが大好きなので、毎日遊ぶ時間を作ってあげてくださいね。攻撃性が少なくフレンドリーな性格なので、犬初心者にもおすすめの犬種です。

・スムースコートは好奇心旺盛で活発

スムースコートはミニチュアダックスフンドのスタンダードな被毛で、毛質が硬く、短毛です。そんなスムースコートは好奇心が旺盛で活発な性格と言われています。

もともとミニチュアダックスフンドは狩猟犬として活躍していたので、動物や物を追いかけまわしたり、地面を掘って穴を作ることが好きな子が多いです。そのため、おとなしくじっとしているよりは活発に動き回って遊びます。

ロングコートと比べて警戒心が強い子が多いので、子犬のうちに人や犬に慣れさせてあげることが大切です。

・ワイヤーコートは気が強い

ワイヤーコートは、日本では飼育頭数があまり多くありませんが、海外ではかなり人気の毛質です。テリア系の血が混ざっているので、気が強く、攻撃的な性格の子が多いと言われています。飼い主には懐きますが、知らない人や犬に対しては警戒して吠えたり噛みつこうとすることもあるので注意が必要です。

心を許せば甘えん坊な一面も見せてくれるので、少しずつ人や犬に慣れさせてくださいね。とても活発で元気なので、散歩や運動をたくさんしてあげると喜びますよ。

ミニチュアダックスフンドの飼い方

・吠え癖、噛み癖を付けさせない

狩猟犬として活躍してきたミニチュアダックスフンドは、獲物が見つかったときに主人へ吠えて知らせていた名残で、吠え癖がつきやすい犬種と言われています。

何かしてほしいときに飼い主に吠えて要求してくることがありますが、その要求にこたえてしまうと「吠える=かまってもらえる」と学習してしまいます。要求吠えをしてきても無視して、吠えると飼い主はかまってくれないと覚えさせてください。

また、狩猟犬の名残で、噛んで攻撃するという攻撃的な一面を持っている子も多いです。怖いことがあったときや自分の思い通りに行かなくてイライラしたときに噛むようになってしまうと、飼い主や他の人、犬を傷つけてしまう危険性があります。

吠え癖、噛み癖を付けさせないためにも、小さい頃からしっかりしつけることが大切です。

・おとなしく留守番できる子が多い

ミニチュアダックスフンドが狩猟犬として活躍していたころは、主人から離れて単独行動をする機会も多かったそうです。そのため、独立心が強く、ひとりでのお留守番もできる子が多いです。お留守番中の不安や恐怖心からくるいたずらに悩むことも少ないので、飼い主は安心して外出できます。

ですが、いきなり長時間のお留守番をさせてしまうとストレスがかかるので、短時間のお留守番で慣れさせてあげてくださいね。また、甘えん坊な子や警戒心が強い子は一人ぼっちになることでストレスや不安を感じやすいので、長時間のお留守番はできる限り減らすといいですよ。

・段差や滑りやすい床に注意

ミニチュアダックスフンドは足が短く、胴体が長い体形なので、階段などの段差や滑りやすい床が苦手です。高さのある段差を上り下りしたりやフローリングなどの滑りやすい床の上で走り回っていると腰に負担がかかってしまい、ヘルニアという病気のリスクが高くなります。

ヘルニアは犬がかかりやすい病気の1つですが、特にミニチュアダックスフンドのような胴長短足の犬種に多く、最悪の場合には歩けなくなってしまう病気です。

ヘルニアを予防するためにも、以下のようなことに気を付けてください。

・階段のある家は階段に登れないようなゲートを付ける

・フローリングの床には滑りにくいマットを敷く

愛犬が元気に暮らせるよう、飼育環境には細心の注意を払ってくださいね。

ミニチュアダックスフンドとの出会い方

・ミニチュアダックスフンドに詳しいブリーダーから譲ってもらう

ミニチュアダックスフンドは人気犬種なので、出会う方法もたくさんありますが、特におすすめなのがミニチュアダックスフンドに詳しいブリーダーから譲ってもらう方法です。ミニチュアダックスフンドは常に人気犬種ランキングの上位にくる犬種のため、ミニチュアダックスフンドを扱うブリーダーはとても多くいます。

ブリーダーから譲ってもらうメリットとしては、

・親犬や兄弟犬を見せてもらえる

・どんな環境で育ったかがわかる

・引き取り前に見学させてくれる

・引き取り後のアフターフォローが手厚い

などがあります。逆に、上記に当てはまらないブリーダーがいたら本当に信頼できるブリーダーなのかよく考える必要がありそうですね。

ブリーダーは、ミニチュアダックスフンドのことが本当に大好きで、質の良いミニチュアダックスフンドを増やすためにブリーダーとして活動している方が多いです。そのようなブリーダーのもとで生まれ育った犬はたくさん愛情を貰っているので、人懐っこく健康な子が多い傾向にあります。

ぜひ、信頼できる優良ブリーダーから可愛いミニチュアダックスフンドを譲ってもらってくださいね。

ミニチュアダックスフンドの値段と寿命

・ミニチュアダックスフンドの値段

ミニチュアダックスフンドの値段は、平均20万円です。この値段はペットショップとブリーダーで大きな差は無く、15万円~25万円くらいで販売されているミニチュアダックスフンドが多くなっています。万が一、10万円以下などの安値で販売されている場合、何らかの病気やケガを持っている犬の可能性があるので、引き取り前にしっかり確認しておくと安心ですよ。

・ミニチュアダックスフンドの寿命

ミニチュアダックスフンドの寿命は、12歳~16歳となっています。最近ではペットフードの質の向上や医療の進歩により、18歳~20歳まで生きる子も増えてきているようです。愛犬が少しでも長生きしてくれることは飼い主にとって嬉しいことですが、寿命が延びた分、老犬として生きる時間が長くなるので介護が必要な時間も増えるということです。

ミニチュアダックスフンドを迎える際は、20年後までしっかり面倒を見てあげられるのかしっかり考えてから迎えてあげてくださいね。

ミニチュアダックスフンドとの生活を楽しみましょう

短い脚でチョコチョコと歩く姿が可愛らしいミニチュアダックスフンド。ミニチュアダックスフンドと幸せな生活を送るためにも、飼育環境の配慮やしつけをしっかり行ってあげることが大切なんですね。

ミニチュアダックスフンドは人懐っこい子が多いので、犬初心者の方でも飼いやすい犬種ですよ。

この記事を読んでミニチュアダックスフンドに興味を持った方は、ぜひミニチュアダックスフンドとの楽しい思い出を作ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました