【2019年版】今流行りのチワワのカットスタイルまとめ※インスタ投稿pickup!

犬の美容・健康
スポンサーリンク

今流行っているチワワのカットスタイルは?

チワワはトリミングの手間があまりかからない犬種なため、本格的にカットしたことがない方も多いはず。たしかにトリミングに連れていく手間や費用を考えたら自宅のブラッシングで済ませたくなりますよね。

しかし、チワワは毛色が豊富で飾り毛もあるのでカット次第で様々なスタイルを楽しめるんです!今回の記事では、今流行っているおすすめのカットスタイルとチワワのトリミングについてご紹介します。ぜひ愛犬の魅力を引き出すカットスタイルの参考にしてくださいね。

【2019年版】チワワのカットスタイル インスタ投稿pickup!

サマーカット

カットスタイルの定番ともいえる「サマーカット」。全身の被毛を短くカットするので、ロングコートチワワもスムースコートチワワのような見た目になります。暑い季節におすすめ。

サマーカットは被毛が短くなるので、その分だけ抜け毛も気になりにくくなります。抜け毛の量が多くて困っている方は、短くカットしてもらうのもお手入れ対策になりますよ!

サマーカットの注意点

スッキリとした見た目が可愛いサマーカットですが、注意点があるのでトリミング前にトリマーさんと相談してください。

①バリカンで短くカットしすぎると毛が生えてこなくなることも

毛を短くしようとバリカンでがっつりカットしてしまうと、被毛が生えてこなくなったり、まばらに生えるようになってしまう「バリカン後脱毛症」になってしまう可能性があります。

必ずしも生えなくなるわけではありませんが、愛犬に負担をかけないためにもトリマーさんと相談してからカットするのが安心です。

②皮膚病や熱中症の危険性

暑さ対策のためにサマーカットにしたのに、逆に熱中症になってしまうこともあるんです。犬は全身に生えた被毛で皮膚を保護したり、紫外線や寒さから体を守っています。しかし、サマーカットで短くしすぎると皮膚が保護できず、紫外線を直接浴びてしまうことに。

熱中症や紫外線の刺激で皮膚が炎症を起こしてしまうので、短すぎるのも注意が必要です。もし短くする場合は、日中だけでも洋服を着せて皮膚を守ってあげてくださいね!

③冬は防寒のために短いカットは避けましょう

犬は被毛で寒さから体を守っているので、冬に被毛を短くしてしまうと保温効果が薄れて体が冷えやすくなってしまいます。冬はなるべく短くカットはせず、どうしても短くしなければいけない場合は洋服などで体を温めてあげてくださいね。

飾り毛カット

飾り毛の多いロングコートチワワは、飾り毛をカットするだけでも魅力UPが可能です。全身の飾り毛をカットするもよし、顔周りの飾り毛だけカットするもよし、逆に顔周りの飾り毛だけ残してカットするもよし。ちなみに、耳の飾り毛を残したスタイルにすると、パピヨンっぽくなりますよ!

特に、散歩中や排せつ時に汚れやすい部分の飾り毛をカットすると清潔を保てる!とロングコートチワワの飼い主さんに人気なんだとか。好みに合わせてどこの飾り毛をカットするのか決めてくださいね!

ライオンカット

名前の通り、ライオンのように顔周りと尻尾の先だけ被毛を残したカットスタイルです。飾り毛が多いロングコートチワワならではのカットスタイルですね!どのくらいの毛量にするのか、どのくらいの毛の長さにするのかによって見た目の印象も変わるので、トリマーさんと相談しながらスタイルを決めていくと失敗せずにカットしてもらえますよ。

先ほどの「飾り毛カット」は飾り毛を切ってしまうスタイルでしたが、ライオンカットは逆に飾り毛を最大限に活かせます。飾り毛を活かしたスタイルが好みの方や、カッコいいスタイルが好みの方はこちらがおすすめです。

ミッキーマウスカット

チワワの特徴でもある大きな立ち耳を丸く見えるようにアレンジカットしたのが「ミッキーマウスカット」です。本来チワワの耳は先の尖った三角形ですが、耳周りの毛を丸くなるようにカットします。さらに顔周りも丸く、体の被毛も短めにカットしたらまるでネズミのような可愛らしい見た目に!

女の子であれば、頭にリボンをつけるとミニーちゃんスタイルもできます♪可愛い洋服とも相性抜群!個性的で可愛いカットスタイルなら「ミッキーマウスカット」がおすすめです。

柴犬風カット

チワワなのに柴犬?と思った方もいるかもしれませんが、柴犬のようなスッキリとしたスマートなスタイルにできるカットスタイルです。ブラック&タンなど柴犬と似ているカラーの子だと、より柴犬感がアップ♪柴犬のシルエットを意識して、全身の被毛を短めに整えてもらえば豆柴の出来上がり!?

アンチエイジングカット

子犬っぽく見せるためにフワフワで丸いスタイルにカットします。成犬や老犬でも幼く見せたい!と思ったら、アンチエイジングカットで見た目を若返らせるのも◎。見た目を幼くするだけでも可愛さアップしますよ。

ナチュラルカット

カットしたのかしていないのか分からないくらい、自然に整えるカットスタイルです。カットしすぎるのは嫌だけど少し整えたい!というときは、毛並みを整えて毛量が多い部分を梳いてもらう程度に抑えると本来のチワワの可愛さが活かせます。定期的なお手入れや抜け毛対策におすすめ。

チワワのトリミング方法

チワワのトリミング頻度

チワワは本来トリミングが必要無いと言われている犬種です。ブラッシングやシャンプーをしてあげれば定期的なトリミングが必要無いので、お手入れの費用をかなり抑えることができます。

それでも可愛くカットしてもらいたい方や清潔な体を保ちたい方は、「そろそろ綺麗に整えてもらいたいな」と思ったタイミングで美容院やペットサロンに行くのが最適です。定期的にカットしなくていいので飼い主さんの判断で連れて行ってください。爪切りや肛門絞りのついでにカットしてもらっても良いですね!

チワワのトリミング料金

トリミング料金は美容院やペットサロンによって異なりますが、カットのみで3500円~が目安です。オプションで爪切りや肛門腺絞りなどもしてもらう場合、追加料金がかかるので少し高くなります。動物病院と併設の美容院であれば、診察のついでにトリミングもしてもらえるみたいですよ。

自宅でのカット方法

美容院でのカットは値段が高いから、自分でカットしたいと考える飼い主さんも多いですよね。もちろん、自宅でカットすることは可能です。しかし、ハサミやブラシなど犬用のトリミンググッズを揃える必要がありますし、プロのように綺麗にカットするのはなかなか難しいものです。

もし自宅で少しでもカットしたいという方は、「肉球周りとおしり(肛門周り)のカット」をしてあげるのが簡単ですし、犬の負担も減らせます。肉球の間からはみ出ている毛と肛門周りの長い毛を短くカットすることで、蒸れや便の付着を防いで清潔な状態をキープ。また、肉球周りの毛が伸びていると滑りやすくなるので、転倒防止のためにも定期的にカットしてあげると安全です。くれぐれも怪我をさせないように注意しながらカットしてくださいね!

流行りのカットで愛犬の魅力を引き出しましょう!

トリミングのイメージがあまり無かったチワワですが、意外とたくさんのカットスタイルがあるんですね!そのままでもとっても可愛いですが、さらに可愛くしたり、個性を出したいときにカットすればもっと可愛くなりますよ♪

特にロングコートチワワなど、毛量が多い子や飾り毛が多い子は少しカットして整えるだけでもかなり見た目の印象が変わるはず。ぜひ愛犬がもっと可愛くなるカットスタイルを見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました