【単身者必見】一人暮らしで無理なく犬を飼う方法!

犬の魅力研究部
スポンサーリンク

一人暮らしでも犬を飼いたい!

一人暮らしをしていると、ふと寂しくなったり癒しを求めて「犬を飼いたい!」と思うことがありますよね。でも、ひとり暮らしで犬を飼うのは難しいと言われることが多く、諦めていた方も多いのではないでしょうか。

確かに一人暮らしで犬を飼うのは大変なことも多いです。ですが、人間の工夫次第でひとり暮らしでも犬を飼うことができます!

今回は一人暮らしで犬を飼いたいと思っている単身者の方のために、一人暮らしで犬を飼う方法をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

一人暮らしで無理なく犬を飼う方法

犬種は小型犬の中から選ぶ

一人暮らしの方は犬を飼育するスペースが狭くなりがちなので、広いスペースを必要としない小型犬の方が飼育しやすいです。さらに小型犬は散歩時間やご飯の量、排泄物の量が少ないので、犬の飼育にかかる費用・時間・手間を減らすことができます

一人暮らしで仕事をしているとなかなか長時間の散歩に出かけられないことも多いですが、小型犬であれば1日20分程度の散歩で済むので出勤前や帰宅後に軽い運動も兼ねて散歩に行くことができます。小型犬であれば力がそこまで強くないので女性でも引っ張られる心配がありません。

また、小型犬と比べて大型犬は排泄物の量も多いので、帰宅後に留守中の排せつ物の処理をするのが大変なことも。できるだけ手間を省きたいという方は、小型犬を選んでくださいね。

自動給餌器を使う

仕事柄、残業などで帰宅時間がばらばらになってしまう場合、必然的に犬のエサをあげる時間もバラバラになってしまいますよね。急な残業で帰宅できなくなってしまったなんてこともあるかもしれません。そんなときに心配になるのが犬のご飯です。

自分が帰宅できない間、愛犬がお腹を空かせて待っているなんてことにならないよう、自動給餌器を導入するのがおすすめです。タイマー機能付きの自動給餌器であれば、決まった時間にエサをあげることができるので仕事で帰りが遅くなってしまっても安心ですね。

さらに、スマホで遠隔操作できる機能やペットの様子を確認できるカメラ機能、飼い主の声を流すことができるマイク機能など、お留守番中もペットと飼い主が安心して過ごせる便利機能が付いたものもあります。

飼い主の希望に合わせて使いやすい自動給餌器を購入してくださいね。

ペット共生型賃貸住居も選択肢に入れてみる

「一人暮らしで犬を飼いたいけど、今住んでいる家がペット不可」「今の家でもペットは飼えるけど、もっとペットを飼いやすい家に引っ越したい」という方々におすすめなのが、ペット共生型賃貸住居です。

ペット共生型賃貸住居とはペット好きのために作られた住居で、ペットの飼育がしやすいような部屋の設計になっています。犬の体に負担をかけないクッションフロアや玄関先のリードフック、くぐり戸、ドッグフェンスなど、一般的な住居には無い設備が整っている点は飼い主にとっても愛犬にとっても生活しやすいですね。

多頭飼いや大型犬OKの住居がほとんどなので、普通の住居では犬を飼育しにくいと感じていた方も気兼ねなく愛犬との生活を楽しむことができます。

ペット共生型賃貸住居というだけあって、入居者は全員ペット好きの人だけです。ご近所迷惑を気にすることなく、ペット好き同士で交流できるのも嬉しいポイント。犬を飼うために引っ越したいと考えている方は、ぜひペット共生型の物件も候補に入れてみてください。

一人暮らしでも犬を飼いやすい生活環境は?

自宅と職場が近い

必ずしも自宅と職場が近くないといけないというわけではないですが、徒歩や自転車で通勤できる距離であれば休憩時間に帰宅して愛犬の様子を見に行くことができるメリットがあります。

子犬や体調が悪いときに朝から晩まで長時間お留守番させるのは不安になってしまうので、短時間でも一度帰宅できる余裕があると安心です。また、お留守番が苦手な子も日中に1度帰宅してあげるだけで長時間のお留守番によるストレスを防ぐことができます。

出張や転勤が無い

出張や転勤が多い仕事の場合、ペットホテルに預けたり引っ越しをしなければいけないので愛犬にかなりストレスがかかります。生活環境が頻繁に変わるとストレスで体調を崩したり飼い主と信頼関係を築けない可能性があるので、働くエリアが固定された仕事に就いていることが重要です。

リモートワークが可能な仕事

現代では、自宅など会社以外で業務を遂行できる仕事が増えてきています。リモートワークや在宅ワークと呼ばれていて、出社しなくてもOKな仕事のことです。特にフリーランスの方に多い働き方で、好きな時間に好きな場所で働けることからリモートワークの人気が出てきています。

一人暮らしの方でもリモートワークが可能であれば、愛犬を長時間お留守番させることなく仕事ができるので、最も犬を飼いやすい仕事と言えます。リモートワークで自宅にこもっていると運動不足になりがちなので、愛犬の散歩に行くことで運動不足解消にもつながりますね。

今務めている会社がリモートワークOKであればリモートワークさせてもらい、もし現在はリモートワーク不可でも今後転職するときにリモートワーク可の仕事に就くことでより犬を飼いやすくなりますよ。

近くに動物病院がある

愛犬が体調不良になってしまったら一刻も早く動物病院に連れていくために、近所に動物病院があることが望ましいです。もし動物病院が近くに無くて車やタクシーで長時間かけて通わなければいけない場合、犬にも大きな負担をかけてしまいます。

これは一人暮らしに限ったことではないですが、家の近くに信頼できる動物病院があるだけでも飼い主は安心して愛犬のお世話をできますよね。

特に一人暮らしの場合、愛犬がケガや病気になってしまったら自分で動物病院へ連れて行かなければいけません。ときには仕事を休んだり早退しなければいけなくなるかもしれないので、通いやすい動物病院を見つけておくことが大切です。

一人暮らしにおすすめの犬種は?

シーズー

シーズーは小型犬の中でも、比較的性格が穏やかで無駄吠えが少ない犬種です。一人暮らしだとどうしてもしつけが遅れてしまって吠え癖が付いてしまうこともあります。お留守番中に寂しくて1日中吠えていては近所迷惑になってしまいますし、愛犬にとってもストレスです。

毎日の被毛のお手入れと定期的なトリミングは必要なので多少手間がかかりますが、他の小型犬と比べて体が丈夫で病気になりにくいのも特徴。しつけに自信が無い方や無駄吠えの少ない犬種が良い方は、シーズーがおすすめです。

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグもシーズーと同じく無駄吠えが少ない犬種です。賢いのでしつけもしやすく、お留守番も上手にできる子が多いと言われています。ただし、毎日シワのお手入れとシーズーより少し多くの運動量が必要です。目安は1日20分~30分程度の散歩を必要とします。

また、フレンチブルドッグは暑さに弱い犬種なので、室温管理を徹底できる飼育環境を整えてくださいね。

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーは独立心が強く、我慢できる性格の子が多いのでお利口にお留守番できる子が多い犬種です。顔周りの毛が長く汚れやすいので、毎日お手入れが必要な点は注意してください。人懐っこく活発なので、休日にお出かけしたり楽しく遊びたい方におすすめです。

今回ご紹介する犬種の中では最も運動量を必要とするので、日々の散歩の時間をしっかり確保できることが理想です。目安は1日30分ほどの散歩時間を必要とします。

一人暮らしでも工夫次第で犬を飼える

一般的に一人暮らしで犬を飼うことは「長時間お留守番させられる犬がかわいそう」という理由から、あまりおすすめされていません。たしかに、一人で仕事をしながら犬のお世話をするのは大変なことも多いですが、工夫次第で犬も飼い主も快適に生活を送ることができます。

今まで一人暮らしで犬を飼うことを諦めていた方は、ぜひこの記事をきっかけに犬を飼うことを考えていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました