性格・特徴・価格がわかる!フレンチブルドックの情報まとめ

犬種名鑑
スポンサーリンク

フレンチブルドッグの魅力

愛嬌ある顔が特徴的なフレンチブルドッグ。ムチムチした小さな体と頭でっかちな体形がとても可愛いですよね。小型犬の中でもおとなしい子が多く、飼いやすい犬種です。

この記事では、フレンチブルドッグを飼ったことが無い方のために、フレンチブルドッグの性格や飼い方、購入の際の価格など役立つ情報をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

穏やかな子が多い!フレンチブルドッグの性格

・甘えん坊

フレンチブルドッグはとても甘えん坊で、飼い主に寄り添ったり、撫でてもらうことが大好きです。一緒に遊んであげるととても嬉しそうに遊ぶ姿を見れますよ。

甘えん坊な性格が強い子は、飼い主と離れることで不安やストレスを感じやすいので、長時間のお留守番はなるべく減らしてあげてくださいね。

・穏やかで友好的

フレンチブルドッグは他の小型犬と比べて穏やかな子が多く、興奮して走り回る犬種ではありません。あまり吠えることなく、穏やかで誰に対してもフレンドリーに接することができるので、初心者でも飼いやすい犬種といえます。小さな子供やお年寄りとの生活にも向いていますね。

また、とても社交的で好奇心旺盛なので、他の人や犬と触れ合う機会を多く作ったり、いろいろな場所に連れて行ってあげるとストレス発散や社会化につながりますよ。

・攻撃性が高い子もいる

フレンチブルドッグは基本的に穏やかな性格ですが、テリアの血が混ざっているので攻撃的になる場合もあります。まれに怒ると噛んで攻撃する子もいるので、噛み癖がある子は早めにしつけておく必要があります。

昔は番犬や闘犬として活躍していたこともあり、闘争心や攻撃性が見え隠れすることも。現在は愛玩犬として攻撃性を弱めるような交配がされてきたので、ほとんどのフレンチブルドッグは愛玩犬にぴったりの穏やかな性格になっていますよ。

フレンチブルドッグの飼い方

・顔のシワのお手入れを欠かさずに

フレンチブルドッグの顔はシワが多く、シワの間もきちんとお手入れしてあげないと皮膚病にかかってしまう恐れがあります。毎日濡れたタオルなどでシワの間を拭いてあげてくださいね。

もしシワの間が乾燥していたら、動物病院で保湿剤または人間用のベビーオイルを使って拭いてあげると乾燥肌の改善につながりますよ。逆に、シワの間が湿っていたらしっかりと拭き取ってあげます。涙が多い子は目の周りやシワの間が湿りやすいので、涙やけを防ぐためにも毎日のケアを欠かさず行ってください。

・暑さ対策をしっかり行う

フレンチブルドッグは「短頭種」と呼ばれる鼻(マズル)が短い犬種です。犬は汗をかかないので、パンディングという呼吸で熱を逃がして体温調節をしています。しかし、短頭種であるフレンチブルドッグは口腔面積が狭いため、中頭種や長頭種と比べて熱を逃がしにくいです。

熱中症になりやすいので、暑い時期の室温管理や散歩の時間に注意してくださいね。エアコンで温度管理をしたり、風通しを良くしてあげると快適に過ごせます。また、夏の散歩は早朝や夜など気温が低い時間帯にしてあげると、フレンチブルドッグの負担を減らすことができますよ。

・適度な運動が大切

のんびりしたイメージのフレンチブルドッグですが、活発な一面もあり、運動が大好きです。小型犬なので長時間の散歩や運動は必要ありませんが、毎日20分程度の散歩をしてあげるとストレス発散になりますよ。

休みの日にはドッグランで自由に走らせたり、他の犬と遊ばせてあげることで心身ともに健康的で社交性の高いフレンチブルドッグに育ちます。ただし、あまりにも激しい運動や長時間の散歩をさせてしまうと呼吸器に負担をかけてしまうので、様子を見ながら散歩や運動をさせてあげてくださいね。

フレンチブルドッグとの出会い方

・フレンチブルドッグに詳しいブリーダーから譲ってもらう

フレンチブルドッグを飼いたいと思ったら、フレンチブルドッグに詳しいブリーダーから譲ってもらうことをおすすめします。フレンチブルドッグは人気犬種なので扱っているブリーダーも多く、信頼できるブリーダーを見つけやすいはずです。

ペットショップで購入する方法もありますが、ペットショップで販売されている子犬たちは生まれてからペットショップの店頭に並ぶまでの飼育環境が見えないため、劣悪な環境で育った可能性があります。

劣悪な環境で育った子犬は、早くから親犬と離されたために社会化ができていない、遺伝的に問題のある交配で生まれた、などのリスクを抱えている子が多いです。もちろん、ペットショップで販売されている子犬でも良い環境で育った子もいますが、子犬のバックグラウンドが見えない方法での引き取りには注意してください。

ブリーダーから譲ってもらう場合も、悪質なブリーダーが高値で販売するために繁殖させているケースもあります。優良ブリーダーを見極めるためにも、犬舎の見学をさせてもらえたり、兄弟犬・親犬を見せてくれるブリーダーを選ぶと安心です。

フレンチブルドッグの価格と寿命

・フレンチブルドッグの価格

フレンチブルドッグの価格は、平均30万円です。小型犬の中では価格が高い犬種で、25万~40万円ほどの価格帯となっています。フレンチブルドッグの価格が高くなってしまう理由は、出産方法と関係があるためです。

フレンチブルドッグは頭が大きい体格ですよね。その大きな頭が邪魔になって、お母さんの産道をうまく通れません。なので、フレンチブルドッグの自然分娩は、お母さんや生まれてくる子犬に負担がかかりすぎてしまいます。最悪の場合、死に至ることも。

少しでも負担を減らして出産するために、人の手を借りて帝王切開で出産します。まれに自然分娩で生まれてくる子もいますが、帝王切開で生まれた子と比べて細身で、フレンチブルドッグらしいムチムチ感が無い子犬が生まれてきます。

フレンチブルドッグは、リスクを避けるために人間の手を借りて出産することから値段が高くなってしまうのです。他のフレンチブルドッグと比べて安値で販売されている子は何かしらの理由があるはずなので、購入前に聞いてみることをおすすめします。

・フレンチブルドッグの寿命

フレンチブルドッグの寿命は、10歳~14歳です。小型犬の中では寿命が短い犬種といわれています。その原因のひとつが、フレンチブルドッグは「短頭種」だからです。

短頭種の犬は頭や鼻の構造から「短頭種気道症候群」という呼吸器系疾患にかかりやすく、呼吸困難や失神、咳、えずきなどの症状が出る場合があります。重度の場合は命にかかわるので、日ごろから呼吸器に負担を与えないような生活をしてあげることが大切です。

フレンチブルドッグとの生活を楽しみましょう

フレンチブルドッグは穏やかでのんびりした子が多いので、初心者の方でも飼いやすそうですね。たまに攻撃的な一面を見せる子もいますが、しっかりしつけをすれば問題ありません。

暑さ対策や室温管理、シワのお手入れなど気を遣ってあげなければいけない点はいくつかありますが、陽気な性格と可愛らしい顔立ちに毎日癒されること間違いなし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました