性格・特徴・価格がわかる!シーズーの情報まとめ

犬種名鑑
スポンサーリンク

中国の貴族にも愛されたシーズーの魅力

シーズの飼い方

フワフワな被毛とペチャっとした鼻が可愛いシーズー。その見た目の可愛らしさや性格の良さから、シーズーを飼いたいと思っている方も多いですよね。この記事では、シーズーの性格・特徴・飼い方・値段価格についてご紹介します。シーズーを飼いたいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

シーズーの性格

シーズーの性格

穏やかで攻撃性が低い

シーズーは、小型犬の中でも穏やかで攻撃性の低い子が多い犬種です。常に動き回っているというよりは、のんびりくつろいだりマイペースに過ごす姿を見れます。

もちろんいつものんびりしているわけではなく、遊ぶときは元気に走り回って活発に遊びます。遊ぶときは思いっきり遊び、のんびりするときはひたすらのんびりするのが特徴です。

穏やかで優しい性格なことから、高齢者や小さい子どもがいる家庭にも向いている犬種と言われています。

しかし、個体差があり、常に元気なシーズーもいますし、おとなしい子もいますので、その子の性格に合わせたライフスタイルを送れるようにしてあげてくださいね。

人懐っこい

シーズーは攻撃性や警戒心がそこまで高くないので、初対面の犬や人とも仲良くなりやすい傾向にあります。

散歩中に他の犬や人が近寄ってきても、威嚇したり怖がったりせずフレンドリーに接する子が多いです。休日は人や犬が多いおでかけスポットに連れて行ってあげると、他の犬と楽しく遊ぶ姿を見れますよ。

中には警戒心が強く、知らない人や犬を怖がるシーズーもいますが、小さいうちから多くの人や犬と触れ合うことで段々と慣れていきます。

頑固

穏やかで優しいシーズーですが、実は頑固な性格です。自分で決めたことはなかなか曲げない面もあるので、しつけで苦労する飼い主もちらほら。一度飼い主とシーズーの主従関係が逆転してしまうと、その後の改善が難しくなってしまうので、シーズーを迎えた初日からしっかりしつけをしてください。

しかし、シーズーは賢い犬種なので時間をかけてしつければ飼い主の指示を聞くいい子に育ってくれますよ。頑固で言うことを聞かないからと諦めず、根気よくしつけていくことが大切ですね。

シーズーの特徴

シーズの特徴

噛み癖、吠え癖が少ない

小型犬というと「吠える・噛む」というイメージを持つと思いますが、穏やかな性格のシーズーは吠えたり噛んだりする子が少ない犬種なんです。なので、子犬のうちにしっかりしつけや社会化ができていれば、吠え癖や噛み癖に悩むこともほぼ無いはずです。

近所迷惑を気にしたり、他の人や犬を傷つける心配が無いのは、飼い主にとってもありがたいですよね。

もし噛み癖や吠え癖がついてしまったら今までのしつけに問題点が無かったか振り返り、早めに癖を解消してあげることが大切ですよ!

カットスタイルが豊富

シーズーの被毛はカットしないとどんどん伸びていくので、さまざまなカットスタイルを楽しむことができます。

一般的にイメージされるシーズーは「テディベアカット」と呼ばれるカットスタイルで、丸い顔と顎ラインまで伸びた耳が特徴です。可愛らしくシーズーらしいスタイルにしたい方におすすめです。さらに短くカットすると「サマーカット」と呼ばれ、暑さ対策や清潔を保つのにおすすめのスタイルです。

シーズーの定番スタイルは「テディベアカット」ですが、実はシーズーのスタンダードは「フルコート」と呼ばれる被毛を伸ばし続けたスタイルです。お手入れのしにくさから、一般家庭のシーズーでフルコートにしている方は少ないですが、大会に出場するシーズーはフルコートスタイルとなっています。

このように、飼い主の好みやシーズーの暮らしやすさに合わせてカットスタイルを楽しめるのもシーズーの特徴です。

丈夫な体

小型犬は骨がとても細く、階段や段差の昇り降りなどのちょっとした衝撃ですぐに骨折や脱臼をしてしまいます。しかし、シーズーは骨が太く丈夫なので、他の小型犬と比べて骨折や脱臼のリスクが低い犬種です。

可愛らしく上品な見た目とは裏腹に、とてもガッシリした体を持っているのもシーズーの特徴と言えますね。

シーズーの飼い方

シーズ―の飼い方・病気予防

短頭種なので呼吸器系疾患に注意

シーズーは「短頭種」と呼ばれる鼻ぺちゃの顔立ちをした犬種です。鼻ぺちゃな顔は見ていてとても可愛らしいですが、その鼻の構造から短頭種は呼吸器系疾患にかかりやすくなっています。

短頭種に多発する呼吸器系疾患を総称して「短頭種気道症候群」と呼び、最悪の場合は呼吸困難に陥ってしまう可能性があります。そのため、短頭種のシーズーはなるべく長時間の運動をさせないなど、呼吸器に負担をかけないような生活をさせてあげることが重要です。そして、もし苦しそうに呼吸していたらすぐに動物病院に連れて行ってくださいね。

暑さ対策は必須

短頭種のシーズーは暑さにとても弱いです。鼻ぺちゃな顔立ちであることから、パンディングによる体温調節がうまくできないため、熱中症にかかりやすくなっています。

シーズーにとっての適温は25℃前後です。室内で生活していても室温が高いと熱中症にかかってしまう可能性があるので、必ず冷房で適温を維持してあげてください。

また、夏の散歩はなるべく涼しい時間帯に行くようにしてあげると、シーズーも快適に散歩することができます。太陽が昇る前の朝や、太陽が沈んだ夜がおすすめですよ。

肥満に注意

シーズーは太りやすい犬種なので、肥満に注意が必要です。食欲旺盛な子が多いと言われていて、たくさん食べるからとついご飯やおやつを満足するまであげたくなってしまいますね。

しかし、欲しがるからといってご飯やおやつをあげているとすぐに肥満になります。肥満になると体への負担が大きくなるので、適度に運動したり、食事量を調節してあげてください。

シーズーの価格と寿命

シーズーの価格

シーズーの価格は、平均20万円です。小型犬の中では比較的価格が安く、ショップやブリーダーによっては15万円前後で購入することもできます。

ただし、10万円以下などあまりにも安い値段で販売されている場合、病気やケガを持っている可能性もあるので、他の子と比べて安いなと感じたら、安くなっている理由を確認しておくと安心ですよ。

シーズーの寿命

シーズーの寿命は、平均15歳です。医療の進歩によって犬の寿命も延びてきているので、20歳近くまで生きるシーズーも増えてきています。

愛犬と少しでも長く一緒に過ごせることは嬉しいことですが、寿命が延びた分だけ老いていく愛犬の介護をしたり、病気やケガの治療をしなければいけなくなります。老いた愛犬の面倒を最期まで見る覚悟を持って、シーズーを迎えてあげてくださいね。

シーズーには魅力がたくさん!

シーズの値段・価格・寿命

シーズーは穏やかで優しいイメージがありましたが、意外にも頑固な一面を持っているんですね!頑固な性格が強いとしつけで苦労してしまうかもしれませんが、根気よく教えれば従順なシーズーになってくれますよ。

シーズーの性格の良さから、犬を初めて飼う方やしつけをしやすい犬種を飼いたいと思っている方にもおすすめです。ぜひ魅力たっぷりのシーズーに癒されてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました