あって良かったと思える、おすすめペット保険5選!

犬の美容・健康

高額な医療費の保障・病気の早期発見など、いざという時に飼い主さんやわんちゃんを助けてくれるペット保険。加入する方が増加している一方で、ペット保険の商品数も多くなり、愛犬にとって一番良いペット保険はどれなのか?選び辛くなっている実態があります。

そこで今回当サイト(いぬりぽ)ではペット保険のメリット、比較するポイント、主要ペット保険5社のランキングを作成し、これからペット保険に入りたいという方や切り替えたいという方向けに情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ペット保険に入るメリットとは?

万が一のときに保険が使える

ペットが病気やケガをしてしまったときは動物病院で診察・治療をしてもらわなければいけません。その際、ペット保険に加入していないと治療費が100%自己負担になってしまうので、とても高額な治療費を請求されることもあります。

ペットが急に病気になったり、けがをしてしまうことはよくあることなので、万が一に備えてペット保険に加入しておけば治療費を抑えることができます。

早期治療につながりやすい

ペットの様子がおかしいことに気づいたとき、すぐに動物病院へ連れていくことが大切ですが、中には高額な治療費を不安に思って、すぐに動物病院へ連れていけない飼い主さんもいます。

治療内容によっては1回で数十万円かかることもあり、急な出費になることを考えるともう少し様子を見てもいいかなと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかしペットの病気は進行が速いことも多く、気づいたときには手遅れなんてことも。そうなることを避けるためにも早期発見、早期治療が重要です。ペット保険に加入することで高額な治療費に対する不安を軽減できれば、動物病院へ連れていく時期も早まり、結果的に病気やケガの早期発見、早期治療につながります。

ペット保険の比較ポイント

保険料

ペット保険を比較する際にまず確認するのが保険料だと思います。保険料と補償内容は比例しているので、保険料が高ければ高いほど補償内容も充実しており、いざというときにも安心です。逆に、保険料が安いと補償内容も限られたものになってしまいます。

また、多くの保険プランはペットが高齢になればなるほど保険料が上がっていきます。高齢のペットの方が病気やケガをするリスクが高いためです。しかし、ペット保険によっては高齢になってからの保険料も急に金額が高くならないものや、年齢関係なく保険料が一定のものもあります。

保険料を確認するときは現時点での金額だけでなく、高齢になったときの金額の上昇率も確認するのがおすすめです。

補償内容

補償対象(通院・入院・手術)、補償割合、その他サービスなどの補償内容は保険会社によって異なるため、必ず比較しましょう。

通院・入院・手術のすべてが補償対象となるものもあれば、通院は補償対象外となるものもあります。「通院・入院・手術と幅広くカバーできる保険がいい」「高額になりがちな手術に特化した保険がいい」など希望に見合った保険を選ぶことが大切です。

プランによっては24時間いつでも獣医師に相談できるサービスを行っているものもあります。夜間対応が可能な動物病院が近所に無い方は、このようなサービスが付いていると安心ですね。

支払限度額

ペット保険を比較するときに意外と重要なのが支払限度額です。

多くのペット保険は1回あたりの支払限度額が決まっています。この支払限度額が低い場合、1回数十万円かかる治療をしてもほんの一部しか補償されず、結局高額な治療費を払うことになってしまいます。高額な治療費をしっかりカバーできるよう、1回あたりの支払限度額が高いペット保険が安心です。

ペット保険のおすすめ5選!

5位 PS保険

他には無い車いす補償プランあり!

保険料の上昇率が緩やかでコスパの良い「PS保険」

保険プラン ※0~2歳の小型犬(特約なし)の金額例

①50%補償プラン 保険料1450円(月払)

②70%補償プラン 保険料2150円(月払)

③100%補償プラン 保険料2680円(月払)

補償内容例

・通院補償 1日あたり10万円、年間最大20日まで補償

・入院補償 1日あたり2万円、年間最大30日まで補償

・手術補償 1日あたり10万円、年間最大2回まで補償

・車いす補償 歩行が困難なペットの装備・装具費を、最大10万円まで補償

PS保険の特徴

・獣医師ダイヤル 24時間365日、獣医師が電話でサポート(無料)

・免責金額、最低治療費の設定なし

・癌、ヘルニア、パテラ、歯科治療など保険対象外となりやすい治療にも対応

PS保険

4位 アニコム損保

ペット保険シェアNo.1!

LINEで手軽に保険金を請求できる「アニコム損保」

保険プラン

①ふぁみりぃ 70%プラン 保険料3580円(月払)

       50%プラン 保険料2670円(月払)

②ぷち 70%プラン 保険料1170円(月払)

補償内容 ※3歳のトイプードルの金額例

ふぁみりぃ 70%プラン

・通院入院補償 1日あたり最大1万4000円、年間最大20日まで補償

・手術補償 1回あたり最大14万円、年間最大2回まで補償

ふぁみりぃ 50%プラン

・通院入院補償 1日あたり最大1万円、年間最大20日まで補償

・手術補償 1回あたり最大10万円、年間最大2回まで補償

ぷち 70%プラン

・入院補償 1日あたり最大1万4000円、年間最大20日まで補償

・手術補償 1回あたり最大50万円、年間最大2回まで補償

アニコム損保の特徴

・犬猫だけでなく、うさぎやフェレット、鳥も加入できる(ふぁみりぃのみ)

・アニコム対応の動物病院なら面倒な保険料請求の手続きなく窓口精算が可能

・ふぁみりぃならLINEでの保険金請求もできる

・獣医師やペットトレーナーにしつけや健康の相談ができる

アニコム保険

3位 アイペット損保

12歳11か月まで新規加入できる!

高齢ペットも継続しやすいペット保険は「アイペット保険」

保険プラン ※1歳のトイプードルの金額例

①うちの子(70%プラン) 保険料2850円(月払)

②うちの子ライト 保険料990円(月払)

補償内容

うちの子(70%プラン)

・通院補償 1日あたり1万2000円、年間最大22日まで補償

・入院補償 1日あたり3万円、年間最大22日まで補償

・手術補償 1回あたり15万円、年間最大2回まで補償

うちの子(50%プラン)

・通院補償 1日あたり1万2000円、年間最大22日まで補償

・入院補償 1日あたり1万2000円、年間最大22日まで補償

・手術補償 1回あたり10万円、年間最大2回まで補償

うちの子ライト

・入院補償 手術を含む連続した入院のみ、手術1回あたり10日まで補償

・手術補償 1回あたり50万円まで、年間最大2回まで補償

アイペットの特徴

・アイペット対応の動物病院なら窓口精算ができる(うちの子のみ)

・多頭割引制度で保険料が2~3%お得になる

・無事故継続割引で保険料が5%OFFになる

・賠償責任特約のオプション

アイペット保険

2位 あんしんペット保険

保険料の安さが魅力!

ペットが高齢になっても安心の手厚い補償なら「あんしんペット保険」がおすすめ!

保険プラン

①Sプラン 保険料570円~(月払) ※0歳小型犬の金額例

②Mプラン 保険料840円~(月払) ※2歳小型犬の金額例

③eプラン 保険料1420円~(月払) ※2歳小型犬の金額例

④Lプラン 保険料2150円~(月払) ※3歳小型犬の金額例

補償内容

Sプラン

・手術補償 1回あたり最大50万円まで、年間最大2回まで補償

・補償割合 80%

・免責金額 1回につき1万4000円を自己負担

Mプラン

・通院・入院・手術補償 年間最大70万円まで、回数制限なく補償

・補償割合 70%

・免責金額 1回につき1万4000円を自己負担

eプラン

・通院・入院・手術補償 年間最大70万円まで、回数制限なく補償

・補償割合 70%

・免責金額 1回につき7000円を自己負担

Lプラン

・通院・入院・手術補償 年間最大70万円まで、回数制限なく補償

・補償割合 70%

・免責金額 無し

あんしんペット保険の特徴

・ペット賠償責任特約がオプションで付けられる

・保険料支払いの回数が無制限のプランあり

・全国どこの動物病院でも補償対象になる

あんしんペット保険

1位 いぬとねこの保険

豊富なプランから選べるペット保険!

充実した割引制度でお得に加入できる「いぬとねこの保険」

保険プラン 3歳トイプードルの金額例

①プラチナプラン(90%、70%、50%) 保険料1680円~(月払)

②ゴールドプラン(90%、70%、50%) 保険料1180円~(月払)

③パールプラン(70%) 保険料500円~(月払)

補償内容

プラチナプラン

・通院・入院・手術補償 年間最大90万円まで回数制限なく補償

ゴールドプラン

・通院補償 年間最大90万円まで回数制限なく補償

パールプラン

・手術補償 最大30万円まで、年間最大2回まで補償

いぬとねこの保険の特徴

・ペット賠償責任特約がオプションで付けられる

・インターネット割引や無事故割引制度あり

・プランが豊富なので、ぴったりの保険プランを見つけられる

いぬとねこの保険

万が一に備えて信頼できるペット保険に加入しましょう

ペットの治療費はとても高額なうえ、100%自己負担になってしまいます。いざというときに焦らなくてもいいよう、早めにペット保険に加入しておくことをおすすめします。

選び方に不安な方はこちらも参考にしてください。

ペット保険を選ぶときは保険料だけでなく補償内容やサービス内容もしっかり比較し、ベストなペット保険を見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました