極小豆柴の購入・飼育方法!可愛すぎる希少犬種

犬種名鑑
スポンサーリンク

小さな柴犬「極小豆柴」って?

極小豆柴の購入・飼育方法!可愛すぎる希少犬種

小さな柴犬と言えば豆柴を思い浮かべる方も多いでしょうが、実は豆柴よりも小さな極小豆柴がいるのをご存知ですか?豆柴よりも一回り小さく、体重も成犬時で4㎏くらいと小型犬サイズです。

極小豆柴って普通の柴犬と違うの?どこで出会えるの?と気になる方も多いはず。そこで今回は、極小豆柴の特徴や飼い方、購入方法をご紹介します。極小豆柴に興味を持った方はぜひ参考にしてくださいね!

極小豆柴の特徴

豆柴よりも小さい極小豆柴

小さい柴犬として人気の豆柴よりもさらに小さいのが極小豆柴です。体重も約4㎏ほどしか成長せず、スタンダードな柴犬の半分ほど。体の大きさや体重からして小型犬と同じくらいの大きさです。

体が小さい分、子どもや女性でも扱いやすいのでスタンダードの柴犬を飼うのが不安な方でも極小豆柴なら飼いやすいと人気なんだとか。

また、極小豆柴の体高は28~30センチとされています。体高制限の厳しいマンションに住んでいる方でも、安心して飼えるサイズなのが嬉しいですよね。スタンダードの柴犬は飼えなかった方も極小豆柴なら飼えそうです♪

犬種として認められているわけではない

極小豆柴はJKCがスタンダードの犬種として認めているわけではありません。ブリーダーが試行錯誤して体の小さな極小豆柴を作出し、それを極小豆柴として扱っているのです。

なので、JKCが認めたスタンダードの犬種を飼いたい、JKCの血統書が欲しいという方には向きません。スタンダードや血統書にこだわらず、自分が可愛いと思った子をお迎えしたい方であれば極小豆柴も候補に入れてみてください^^

性格は柴犬と同じ

極小豆柴だからといってスタンダードの柴犬と性格に大きな差が出ることは無く、柴犬らしく飼い主に忠実で愛情深い性格です。あくまで極小豆柴は体が小さいだけ。スタンダードの柴犬と何ら変わりはありません。

子犬の頃にしっかりと社会性を身につけ、飼い主と信頼関係を築ければ日本犬らしい賢く忠誠心の高い子に育ちますよ!

極小豆柴の飼育方法

極小豆柴の飼育方法

基本的な飼育方法は柴犬と同じ

極小豆柴だからといって特別に飼育方法があるわけではありません。柴犬同様、基本的に毎日の食事や散歩、しつけが適切にできていれば大丈夫です。散歩の時間と食事量は体の大きさによって異なりますが、柴犬は運動量が多い犬種なので極小豆柴もしっかり散歩させてあげる必要があります。

体が小さいから散歩はいらない、と1日中家で過ごさせるのはダメですよ!1日30分くらい近所を散歩して、様々な経験をすることが大切です^^

極小豆柴と出会う方法

極小豆柴を扱うブリーダーから譲ってもらう

豆柴はペットショップでの販売も増えてきましたが、極小豆柴はまだまだペットショップで出会える確率が低いです。確実に極小豆柴と出会いたいのであれば、極小豆柴を扱うブリーダーから譲ってもらうのがおすすめ。

豆柴や極小豆柴を専門的に扱っているブリーダーも最後にご紹介しているので、どのブリーダーから譲ってもらうのが良いかじっくり考えてみてくださいね。

販売価格はやや高めの30万円~

販売価格はブリーダーや個体の容姿、大きさによって異なりますが、平均すると30万円~となっています。極小豆柴はブリーダーが長年かけて作出したもので、人気も高いことから販売価格もやや高めに設定されているようです。

JKCの血統書は無いものの、両親の容姿や健康状態が良い場合は優良血統の子犬として扱われて価格が高くなることも。予算と希望に合わせて運命の1匹を選んでくださいね♪

毛色によって価格差があり

極小豆柴も柴犬と同じで一般的な毛色は赤、黒、胡麻、白です。最も頭数が多い赤柴は平均価格ですが、黒柴と胡麻は平均か少し高めの値段に。白柴はさらに高くなりやすく、希少性の高い毛色ほど販売価格も高くなるようです。

黒柴や白柴を飼いたいと思っている方は、少し予算を高く見積もっておくと安心ですよ!

大きさ保証があると安心

ブリーダーが「極小豆柴です!」と言って販売していたけど、成長したら大きくなってしまった、というのはよく聞く話です。購入前に聞いていたサイズと違うのが原因でトラブルが起きてしまうことも。

たしかに、成長は個体差があるのでブリーダーも予測できないことがあります。ですが、万が一、想定外に大きくなってしまった場合は全額返金や他の子犬と交換してくれる「保証制度」を設けているブリーダーもいます。

どうしても小さい子を飼いたい!という方は、保証制度のあるブリーダーから譲ってもらってくださいね。

小さければ小さいほど良いというわけではない

先ほど大きさ保証をご紹介しましたが、極小豆柴でも小さければ小さいほど良いというわけではありません。体の大きさばかり気にしすぎて、遺伝や病気、骨格などを軽視するのは危険です。

中には生まれつき体が弱かったり骨格奇形だったりする子もいます。見た目で判断できればいいのですが、見た目はとても元気そうだけど実は異常を持っている子だったことも。

健康で丈夫な子犬を迎えるためにも、体の大きさだけでなく子犬の仕草を観察して異常が無いか確認したり、動物病院での検査結果や両親の遺伝を証明書付きで教えてもらうのが安心ですよ。

極小豆柴を扱う優良ブリーダー

富士野荘

豆柴・小豆柴・極小豆柴ブリーダー!富士野荘 - 豆柴ブリーダー富士野荘
富士野荘は、他に先駆けて豆柴の固定化を実現、さらには小豆柴を作出した、日本最大規模と、満一歳までの生命保証などのアフターサービス体制を誇る豆柴、小豆柴、極小豆柴のブリーダーです。

豆柴、極小豆柴、小豆柴を専門的に扱うブリーダーです。1000坪ほどの広大な敷地に複数の犬舎があり、常時500頭前後の犬が飼育されています。富士野荘の豆柴は何度かテレビやCMに出演したことがあり、このご縁で志村けんさんが富士野荘の豆柴をお迎えしたのだとか。

富士野荘はアフターサービスも充実していて、大きくなりすぎたら100%返金の大きさ保証、満1歳までの生命保証、子犬引き渡し後1か月の治療費保証の3大保証制度を確立しています。

子犬を購入後に万が一のことがあっても、しっかり対応してもらえる点が安心ですね^^

極小豆柴専門犬舎こすず荘

極小豆柴専門犬舎こすず荘は、豆柴の中でも特にちいさな極小豆柴を専門に扱うブリーダーです。
豆柴ブリーダー。極小豆柴専門犬舎、こすず荘です。小さくてかわいい、優良血統の豆柴がいっぱい♪

極小豆柴、小豆柴を専門的に扱うブリーダーです。こすず荘は子犬がしっかり社会性を身につけ、健全に生きていけるよう生後80日以降の引き渡しを徹底されているそう。無理に離乳させず、貴重な幼少期に親犬からたっぷり愛情を貰い、兄弟犬と密にコミュニケーションを取ることで社会性豊かな犬に成長していくからです。

また、こすず荘のワンコは毎日外で遊んだ後に足、お腹、お尻を洗い、バスタオルで全身を拭きあげてからおうちに上がります。歯磨きや耳掃除、爪切りも適時行い、毎日のお手入れに慣れる練習をしているそう。新しい飼い主さんの負担を軽減できるよう、社会性を身につけていろいろな経験をさせてあげているのはこすず荘の素敵なところだと思います♪

実際に、こすず荘から子犬を引き取った飼い主さんは「とってもお利口さんで手がかからない」と絶賛しているそうですよ^^

とっても小さな柴犬を飼ってみよう!

最近では豆柴が小さくて可愛いと人気ですが、さらに小さな極小豆柴もいることがわかりました。小さめサイズでコロコロした体つきがとっても可愛いので、今後さらに人気が高まりそうですね!

スタンダードの柴犬は飼えなかった方も、極小豆柴なら飼えるという方も多いのではないでしょうか?極小豆柴を飼ってみたい方は、ぜひ優良ブリーダーに問い合わせてみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました